FXを長期で運用するメリットは?

FXではデイトレードなど非常に短い期間で取引を行う一方で、一年間や数年など、長い期間、外貨を保有して売買を行う長期取引があります。FXは外貨の売買の差額が利益になるのですから、長い期間、外貨を決済せずに持っていると不利に見えますが、メリットはあるのでしょうか?


FXの長期運用で利益が増える?

FXを長期で保有しているもっとも大きなメリットは、スワップポイントも差額と一緒に得ることができるという点です。ニューヨーク市場を持ち越した(ロールオーバー)した場合には、金利がつくため、この金利を毎日積み重ねることで、小さな利益も大きくなるという考え方をすることができるのです。デイトレードや短期間だと、金利差の利益はそんなに大きいものではないことから、あまり利益を望めないと考える人も多いそうです。


レバレッジを低くしてトレードをする

長期間で利益を考える場合、外貨の大幅な値下がりなどに影響を受けないようにするため、レバレッジは非常に低くするという考え方がポピュラーなのだそうですが、これはマイナスが出たときにロスカットなどで取引の中断を防ぐことも考えられていると言われているそうです。また値動きも長い目で見ることが大切ですから、世界のニュースや外貨の動き方などを勉強していくそうです。

Posted under fx スワップ