FXの外貨ペアの選び方は?

FXでは外貨をペアで購入し、この2つの外貨の金利の差額を利益とするスワップポイントという取引方法があります。この場合、日本円とアメリカドル、日本円と中国人民元、ユーロとオーストラリアドルなど、通貨を組み合わせて売買を行います。


FXでペアにする外貨の特徴を知ろう

FX業者からペアで外貨を購入する場合には、まずその外貨の特徴や個性などを知る必要があると言えるでしょう。その外貨に関する情報を得る方法、どのような影響を受けやすいお金なのかという情報は、金利やペアを考える上で重要な項目となってくると言われているそうです。その中でアメリカドルは情報が豊富ですし、流通量も世界一と言われています。あくまでFXを知る専門家の1つの意見ですが、通貨ペアなどが分からないうちはユーロとアメリカドルのペアを組めとも言われるそうです。


マイナー通貨は独自のルールもある

注目を浴びている中国の人民元ですが、これにも種類があります。CNYと区分される人民元は中国の銀行が管理していることから、スワップポイントがマイナスになってしまうというデメリットを抱えています。これは市場やトレンドではなく、強制的なものなのだそうです。そのため、中国の人民元をFXで利用する場合には、香港ドルやCNHを使って取引をするそうです。

Posted under fx スワップ