FXの値動きをどう読む?

FXでは、トレンドという値動きの山と谷を外貨がいったりきたり、を繰り返しているそうです。資金を大きく取れない人でも始めやすいことや、長期で投資を行えばスワップ金利という金利差益も得ることができるため、副業として始める人も多いのですが、どうやって予想をするのでしょうか?


FXは過去のデータを参考にする

FXでは過去のデータの値動きなどを参考に今後を読むという方法があります。テクニカル分析と呼ばれており、これは世界のニュースや情勢などの知識がまだ足りない人でも利用できるということから、初心者がまず利用する予想方法とも言われているそうです。多くの外貨は少しずつ値を上げ、下げを繰り返し、最高値になった後、すぐに価格が下がります。この波をトレンドといいますが、トレンドのクセを見抜いた予想方法が、テクニカル分析です。


世界のニュースなどから分析する

勉強会などもおこなわれていることがある、世界のニュースなどから外貨の予想を行う方法をファンダメンタル分析といいます。これは輸出や輸入など、外貨が動く可能性のあるニュースなどをチェックして、今後の値動きを考えるものです。過去のデータにはない動きなどを考える際には不可欠な知識と言われていますから、難しい印象を受けてもしっかりと勉強を行うことをおすすめします。FX業者によっては無料のセミナーなどもあるそうです。

Posted under fx スワップ