FXで注目されるバイナリーオプションとは?

FXを開始する人の多くが最初に行うと言われている投資にバイナリーオプションというものがあります。これは外貨為替の差額やスワップ金利などの難しいことがなく、一回ずつ、取引が直ぐに終了するので、継続するストレスも少ないと言われる、円高、円安を当てる投資です。


FXを1000円で体験できるバイナリーオプション

バイナリーオプションでは、FX業者の指定した時間(10分先、1時間後など)に、円が安くなるか、高くなるかの予想を行うものです。申し込みは会社によって違いますが、回数の多い会社では5分に一度、この予想のタイミングが訪れるそうです。長期的な外貨の動きや、チャートのトレンドなどの知識はもちろんですが、一回ごとに、1000円で予想が当たれば2倍に、外れたら1000円は返金されないという仕組みなので、まだ投資や外貨がわからなくても気軽にチャレンジできるそうです。


大きな損をしなくて済む投資

バイナリーオプションの一番大きな魅力ともいえることは、大きなマイナスになることはないという点でしょう。FXでは常に為替相場が動くことから、大きく値動きしたときに売買のタイミングを逃すと、マイナスが証拠金以上になってしまう可能性もあります。しかしバイナリーオプションでは一度の投資は1000円、予想が外れてもマイナスは一度の取引に対して1000円以上は絶対にかからないのです。

Posted under fx スワップ

FXの外貨ペアの選び方は?

FXでは外貨をペアで購入し、この2つの外貨の金利の差額を利益とするスワップポイントという取引方法があります。この場合、日本円とアメリカドル、日本円と中国人民元、ユーロとオーストラリアドルなど、通貨を組み合わせて売買を行います。


FXでペアにする外貨の特徴を知ろう

FX業者からペアで外貨を購入する場合には、まずその外貨の特徴や個性などを知る必要があると言えるでしょう。その外貨に関する情報を得る方法、どのような影響を受けやすいお金なのかという情報は、金利やペアを考える上で重要な項目となってくると言われているそうです。その中でアメリカドルは情報が豊富ですし、流通量も世界一と言われています。あくまでFXを知る専門家の1つの意見ですが、通貨ペアなどが分からないうちはユーロとアメリカドルのペアを組めとも言われるそうです。


マイナー通貨は独自のルールもある

注目を浴びている中国の人民元ですが、これにも種類があります。CNYと区分される人民元は中国の銀行が管理していることから、スワップポイントがマイナスになってしまうというデメリットを抱えています。これは市場やトレンドではなく、強制的なものなのだそうです。そのため、中国の人民元をFXで利用する場合には、香港ドルやCNHを使って取引をするそうです。

Posted under fx スワップ

デモンストレーションを行えるFX業者

FXは元手となるお金が少なくても、大きなお金をレバレッジという仕組みを活用して動かせる投資です。これから外貨がどうなるかという予想を行うもので、パソコンやスマートフォンがあればいつでもチャートにアクセス、売り買いを行えるのも、副業として人気の高い理由とも考えられることがあるそうです。


FXはデモ取引もできる

しかしインターネットだけで口座が開設できる、少ない証拠金でいいとしても、実際に外貨を購入してトレードを開始してしまうと、プラスを得ることもできる反面、マイナスが出た場合には負担しなくてはなりません。そこで初心者に人気の高いシステムが、デモンストレーション機能です。デイトレーダーだった人が、スワップポイントを目指して長期運用を考えるときにも、実際には購入せず、疑似システム内での売買を行うことで、コツを掴むことができるのです。


操作に慣れることができる

デモ機能のいいところは、これだけでなく操作ミスなども、反映されずに利用できるという点です。あらゆるアプリケーションなどが出ているそうですが、会社によって売買の値段表示などは細かい部分なども異なりますから、捜査に慣れておくというのは非常に大事なことになります。FXの売り買いはタイミングが命とも言われますから、操作に慣れることでタイムロスのない取引ができるというのも、デモンストレーション機能のメリットといえますよね。

Posted under fx スワップ

FXの値動きをどう読む?

FXでは、トレンドという値動きの山と谷を外貨がいったりきたり、を繰り返しているそうです。資金を大きく取れない人でも始めやすいことや、長期で投資を行えばスワップ金利という金利差益も得ることができるため、副業として始める人も多いのですが、どうやって予想をするのでしょうか?


FXは過去のデータを参考にする

FXでは過去のデータの値動きなどを参考に今後を読むという方法があります。テクニカル分析と呼ばれており、これは世界のニュースや情勢などの知識がまだ足りない人でも利用できるということから、初心者がまず利用する予想方法とも言われているそうです。多くの外貨は少しずつ値を上げ、下げを繰り返し、最高値になった後、すぐに価格が下がります。この波をトレンドといいますが、トレンドのクセを見抜いた予想方法が、テクニカル分析です。


世界のニュースなどから分析する

勉強会などもおこなわれていることがある、世界のニュースなどから外貨の予想を行う方法をファンダメンタル分析といいます。これは輸出や輸入など、外貨が動く可能性のあるニュースなどをチェックして、今後の値動きを考えるものです。過去のデータにはない動きなどを考える際には不可欠な知識と言われていますから、難しい印象を受けてもしっかりと勉強を行うことをおすすめします。FX業者によっては無料のセミナーなどもあるそうです。

Posted under fx スワップ

FXを長期で運用するメリットは?

FXではデイトレードなど非常に短い期間で取引を行う一方で、一年間や数年など、長い期間、外貨を保有して売買を行う長期取引があります。FXは外貨の売買の差額が利益になるのですから、長い期間、外貨を決済せずに持っていると不利に見えますが、メリットはあるのでしょうか?


FXの長期運用で利益が増える?

FXを長期で保有しているもっとも大きなメリットは、スワップポイントも差額と一緒に得ることができるという点です。ニューヨーク市場を持ち越した(ロールオーバー)した場合には、金利がつくため、この金利を毎日積み重ねることで、小さな利益も大きくなるという考え方をすることができるのです。デイトレードや短期間だと、金利差の利益はそんなに大きいものではないことから、あまり利益を望めないと考える人も多いそうです。


レバレッジを低くしてトレードをする

長期間で利益を考える場合、外貨の大幅な値下がりなどに影響を受けないようにするため、レバレッジは非常に低くするという考え方がポピュラーなのだそうですが、これはマイナスが出たときにロスカットなどで取引の中断を防ぐことも考えられていると言われているそうです。また値動きも長い目で見ることが大切ですから、世界のニュースや外貨の動き方などを勉強していくそうです。

Posted under fx スワップ